新入社員研修の笑撃事件簿

お世話様です。

お初です。17卒と言いつつ大学卒業は記憶の彼方、細川です。

米と猫とラッパがあればもう何もいらない。

細川

今回は、そんな老いも若きもな新卒3人衆(廣瀬・吉村・細川)が体験した一ヶ月の新入社員研修の記録、、、はきっと誰かが書いてくれるので、細川は面白いことだけ書きまーす。みんなみてね!

 

其の壱 電話対応試験、全員落ちる

私たち17卒はいくつかの研修に参加させていただいたのですが、そのメインとなったのが、数社合同で行われる”新卒シェア研修”です。

18254076_1829338894054114_1471819929_n

ことは、そのシェア研修内のマナー研修プログラムで起こりました。

このプログラムでは、名刺交換や来客対応、お辞儀の仕方まで社会人の基礎を学びます。

で、そこに”電話対応”も含まれており、他社人事の方にお客様役をしていただいて、ちゃんと対応できるか確認テストをしたのですが、、、弊社3人テスト全滅しました。幸先が悪すぎる。

 

其の弐 細川、号泣

シェア研修には、『7つの習慣』という有名なビジネス書を元に、自分の目標を作成する”ミッションステートメント研修”というプログラムもあります。

 

この研修、自分を見つめ直すために自分の考えや過去の経験を自社同期とシェアして、自分と向き合います。

そこで細川、これまで何とも思っていなかった(が実は地雷だった)過去について、同期に”大変だったね”と認めてもらえて、うるっときました。これが世に言う”年”というやつですか。

 

番外編 廣瀬、ファッションコーディネーターになる

前述しましたが、シェア研修は数社(今年は5社)のITベンチャー企業が合同で行う新入社員研修です。研修は自社・他社問わずグループワークも大変多いため、人事の方含め社外のたくさんの方と濃密なコミュニケーションがとれ、深い人間関係を築くこともできます。

弊社廣瀬、研修数日であっという間に他社同期と仲良くなり、早々に飲みに出かけていきました。今は、どこぞの他社同期の”専属ファッションコーディネーター”をやってるとかなんとか。なんというコミュニケーション能力。羨ましい、羨ましすぎる。

_dsc2315

 

其の参 吉村、Gaiaxに内定

シェア研修の最後となるの総まとめのプログラムが、”他社紹介”です。

これは、他社(A社)についてA社新卒同期にヒアリングをして、A社人事の方に5分間のプレゼンをするというもの。

そこで、細川目撃しました。弊社吉村が、研修参加企業Gaiaxさんについてものすごいクオリティのプレゼンをしたことを。そして、ものすごいクオリティだったので、Gaiaxの人事の方が吉村に対して”内定を出そう”と言っていたことを。そして、先輩がいないことを良いことに「よろしくお願いします!」と吉村が馬鹿でかい声で嬉しそうに宣言していたことを。戦慄が走りましたね、いろんな意味で。

吉村

 

おまけ 井上先輩、盲腸に撃沈

間違いなく、今シーズン一番の衝撃。

シェア研修には毎度同社人事の方が引率として同行してくださいます。

私たちの研修では、主に1年先輩の井上さんが引率してくださいました。

 

が、研修最終日朝、突然の”お腹痛い”ライン。

研修終了直後、

井上さん:「病院行ったら”(盲腸)切ってください”って言われた」

休んでください。

最後に、先輩に身をもって社会人は体が資本であることを教えていただきました。

井上先輩、さすがです尊敬します ()

 

 

それぞれの場所へ

このように、数々のドラマが生まれ文字通り笑いあり涙ありであった、4月の新人研修もついに終了します。5月からは配属が発表され、それぞれの現場で頑張って行くことになります。

先輩方、自社・他社同期のみなさん、本当にお疲れさまでした。そして、これからも何卒よろしくお願いします。

 


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です